PHPでのdate()フォーマット指定子一覧 | 使い方とサンプルコード

日付と時刻の表示や整形は、ウェブ開発やアプリケーション開発において非常に一般的なタスクです。

PHPの date() 関数は、日付と時刻を簡単にフォーマットするための強力なツールですが、その多くの書式指定子があるため、どれをどのように使うべきかを暗記するのは非効率といえます。

この記事では、「PHPでのdate()フォーマット指定子一覧」を提供し、それぞれの指定子の使い方とサンプルコードを解説します。

これにより、特定の日付や時刻の表示形式をカスタマイズする方法を学び、PHPを使用して時間と日付を効果的に扱うことができます。

PHPのdate()フォーマット一覧

HPのdate()関数を使用して、日付と時間をフォーマットするための一般的な書式指定子の一覧を以下に示します。

これらの書式指定子を使用して、日付や時刻を必要な形式で表示できます。

日付フォーマット

  • Y: 4桁の年 (例: 2023)
  • y: 2桁の年 (例: 23)
  • m: 2桁の月 (01-12)
  • n: 月 (1-12)
  • d: 2桁の日 (01-31)
  • j: 日 (1-31)
  • l: 曜日の完全な名前 (例: Monday)
  • D: 曜日の省略名 (例: Mon)
  • w: 曜日の数値(0 (日曜)から 6 (土曜))
  • F: 月の完全な名前 (例: January)
  • M: 月の省略名 (例: Jan)

時刻フォーマット

  • H: 24時間形式の時刻 (00-23)
  • h: 12時間形式の時刻 (01-12)
  • g: 12時間形式の時刻(先頭の0を省略) (1-12)
  • G: 24時間形式の時刻(先頭の0を省略) (0-23)
  • i: 分 (00-59)
  • s: 秒 (00-59)
  • a: AMまたはPM (小文字) (例: am, pm)
  • A: AMまたはPM (大文字) (例: AM, PM)

その他

  • U: Unixタイムスタンプ (秒数。1970年1月1日から加算された今までの秒)
  • O: タイムゾーンのオフセット(例: +0200)
  • T: タイムゾーンの略語(例: EDT)

date()フォーマットのサンプルコード

フォーマット指定子はdate()関数の第1引数に文字列として渡します。例えば、次のように使用できます

<?php

var_dump(date('Y-m-d H:i:s')); // string(19) "2023-09-07 02:55:32"
var_dump(date('Ag時')); // string(4) "AM2時"
var_dump(date('U')); // string(10) "1694055332"

var_dump(date('T')); // string(3) "UTC"
date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
var_dump(date('T')); // string(3) "JST"

日本語での曜日表示

ここからはおまけで、日本語での曜日表示方法

<?php

$weeks = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];
var_dump($weeks[date('w')]); // string(3) "木"

終わりに

以上、PHPのdate()関数を使用する際のフォーマット一覧を紹介しました。

PHPの公式マニュアルではこれ以上にもフォーマット指定子が存在するので、ご覧いただくこともオススメします。

https://www.php.net/manual/ja/datetime.format.php

この内容がみなさんのプロジェクトに活用できる事を願っています。

今回も、お疲れ様でした。

ホーム » システムを作る » PHPでのdate()フォーマット指定子一覧 | 使い方とサンプルコード

運営者情報

運営者のフリーランス経験をまとめました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


モバイルバージョンを終了