Laravel キャッシュクリアができない 場合のトラブル改善方法

Laravelアプリケーションはパフォーマンス向上のためにキャッシュを使用していますが、時折キャッシュクリアがうまく動作しない場合があります。

この記事では、Laravelキャッシュクリアができない場合の一般的な問題と解決策について説明します。

キャッシュドライバの確認

Laravelでは、キャッシュドライバを使用してキャッシュを管理します。

まず、config/cache.phpファイルと .env を確認して、使用しているキャッシュドライバを確認します。

   'default' => env('CACHE_DRIVER', 'file'),
CACHE_DRIVER=file

デフォルトでは、ファイルドライバが使用されますが、他のドライバ(Redis、Memcachedなど)を使用している場合もあります。

正しいキャッシュドライバを設定しているか確認しましょう。

キャッシュクリアコマンドの実行

Laravelでは、php artisan cache:clearコマンドを使用してキャッシュをクリアできます。

ターミナルでこのコマンドを実行してみてください。

$ php artisan cache:clear

   INFO  Application cache cleared successfully.  

$ 

しかし、このコマンドが正しく動作しない場合は、次の手順を試してみてください。

キャッシュファイルの手動削除

Laravelのキャッシュは通常、storage/framework/cacheディレクトリに保存されます。

キャッシュクリアが機能しない場合は、このディレクトリ内のすべてのファイルを手動で削除してみてください。

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

$ rm -rf storage/framework/cache/*

optimize:clearの実行

Laravelでは、キャッシュドライバで指定した物以外にもrouteやviewなど、別のキャッシュも問題の原因になることがあります。

それらを一括で削除するコマンドとして php artisan optimize:clear が用意されています。

キャッシュクリアが効かない場合は、以下のコマンドを実行してみましょう。

$ php artisan optimize:clear

   INFO  Clearing cached bootstrap files.  

  events ................................................................................................... 1ms DONE
  views ................................................................................................... 28ms DONE
  cache .................................................................................................... 1ms DONE
  route .................................................................................................... 0ms DONE
  config ................................................................................................... 0ms DONE
  compiled ................................................................................................. 1ms DONE

$

サーバーキャッシュの削除

Laravelアプリケーションを実行しているサーバー側のキャッシュもクリアする必要があります。

ApacheやNginxやPHP-FPMなど、使用しているWebサーバーの設定を見直してキャッシュを削除してみてください。

Laravelのキャッシュクリアができない場合、最後に

Laravelキャッシュクリアが機能しない場合、上記の手順を順番に試してみてください。

キャッシュ設定のミスやキャッシュドライバの問題が原因である場合がよくあります。

また、開発環境と本番環境ではキャッシュの挙動が異なる場合もあるため、適切な環境でテストを行うことも重要です。

他にも、キャッシュの仕組みについて詳しく取り上げている記事もあるので、こちらをご覧ください