Laravel開発者のためのバージョン確認コマンドガイド

Laravelフレームワークでは、php artisan コマンドを使用して様々なタスクを実行できます。その中には、Laravelのバージョンを確認するためのコマンドも含まれています。

Laravelのバージョンを確認するためには、 php artisan --version コマンドをターミナルまたはコマンドプロンプトで実行します。

$ php artisan --version
Laravel Framework 10.14.1

このコマンドを実行すると、現在のLaravelのバージョンが表示されます。この例では、Laravelのバージョンは10.14.1です。

フレームワークのバージョンは上記のコマンドで確認することができますが、間違えやすい物として laravel --version があります。

このコマンドはLaravelフレームワークのインストーラーのみを実現するコマンドなので、Laravelフレームワークのバージョンとは別物となっています。

$ laravel --version
Laravel Installer 4.5.0

以上、コマンドによるバージョン確認方法でした。

他にもLaravelはComposerに依存しているフレームワークなのでcomposer.jsonを確認する方法もあります。それについては以下の記事を参照してみてください