Laravelコレクションのwhereメソッドでデータの条件抽出を簡単に実現

Laravelのコレクション(Collection)は、データを操作するための強力なツールです。whereメソッドは、コレクションから特定の条件に一致する要素を抽出するために使用されます。以下にwhereメソッドの使い方と一般的な例を示します。

基本的な使い方は、次のようになります

$collection = collect([
    ['name' => 'John', 'age' => 25],
    ['name' => 'Jane', 'age' => 30],
    ['name' => 'Doe', 'age' => 25]
]);

$filtered = $collection->where('age', 25);

$filtered->all();
// [
//    ['name' => 'John', 'age' => 25],
//    ['name' => 'Doe', 'age' => 25]
// ]

上記の例では、age25に一致する要素が抽出され、新しいコレクションとして$filteredに格納されました。

whereメソッドでは、他の比較演算子や複数の条件も使用できます。例えば、age25以上の要素を抽出するには、次のように書きます

$filtered = $collection->where('age', '>=', 25);

whereメソッドは、コレクション内で条件に一致するすべての要素を返すため、複数の結果がある場合もあります。

これがLaravelのwhereメソッドの基本的な使い方です。

詳細な情報や他の利用可能なメソッドについては、Laravelの公式ドキュメントを参照してください。